<泉の森シンフォニックライブ> ソリスト出演

 
【泉の森シンフォニックライブ2022】
 
■日時
2022年1月30日(日)15:00開演
■会場
エノブ泉の森ホール 大ホール
■出演
大阪交響楽団
ソリスト:
石上真由子 (ヴァイオリン)
藤澤仁奈 (マリンバ)
皆川直己 (コントラバス)
 
■プログラム
・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章
・チャイコフスキー:「白鳥の湖」より 情景
・チャイコフスキー:「くるみ割り人形」より
           小序曲・行進曲・花のワルツ
・ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」第4楽章
・メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
・セジョルネ:マリンバ協奏曲      
・ボッテジーニ:コントラバス協奏曲第2番   
 
■チケット
〈全席指定席〉
一般 ¥2,500
友の会会員 ¥2,250
大学生 ¥2,000
高校生以下 ¥500
(※当日券各同額)

新野将之パーカッションリサイタル出演

【 新野将之パーカッションリサイタル】
■日時
2021年11月7日(日)
13:15開場 / 14:00開演
 
■会場
希望ホール(山形県酒田市民会館)
 
■チケット
全席指定券
S席 2,500円 (U-25 1,500円)
A席 2,000円 (U-25 1,000円)
 
■出演
新野将之(打楽器)
藤澤仁奈(マリンバ、打楽器)
 
■共演曲
カンバセーション/B.ロペス
トッカータ/A.コッペル
ラストダンス/加藤大輝

マリンバオーケストラⅧ 出演

【 上野信一&フォニックス・レフレクション マリンバオーケストラⅧ 】
 
■日時
2021年11月27日(土)
昼の部
13:30開場 / 14:00開演
夜の部
17:30開場 / 18:00開演
 
■会場
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟小ホール
 
■チケット
全席自由券
一般 3,500円
学生 2,000円
 
■出演
上野信一&フォニックス・レフレクション
 
■プログラム
・オペラ<フィガロの結婚>より序曲 / W.A.モーツァルト
・<水上の音楽>より / G.F.ヘンデル
・ブランデンブルグ協奏曲第3番 /J.S.Bach
 
※チケット問い合わせはcontactよりお願いいたします。

第43回 音楽芸術文化フェスティバル出演

【 第43回 音楽芸術文化フェスティバル】
「第71回八王子市民文化祭」

2021年10月17日(日)13:00開場 / 14:00開演
jcomホール八王子
入場無料(全席自由)

マリンバ演奏曲:
「愛のよろこび」モノローグ:マリンバのための
作曲:Gマルティーニ     編曲:安倍圭子

藤澤仁奈マリンバリサイタル

【 7/1 (木)よりチケット発売開始!】
「藤澤仁奈 マリンバ・リサイタル」
2021年10月1日(金)18:30開場 / 19:00開演
東京オペラシティリサイタルホール
前売¥3,500 当日¥4,000(全席自由)
 
2017年のデビューリサイタルから4年。今回のリサイタルでは、CD発売記念コンサートとして、今年2月にALM Recordsよりリリースしたソロアルバム「Récital」に収録されている曲からも選曲いたしました。バッハをはじめ、マリンバ・オリジナル作品からエマニュエル・セジョルネのマリンバ協奏曲まで、バラエティに富んだ内容をお届けいたします。会場でしか味わえないマリンバの響きを是非ご堪能いただきたいです。
 
▶︎Artist
藤澤仁奈(マリンバ)
共演:山田剛史(ピアノ)
▶︎Program
N.J. ジヴコビッチ:マグマ
E.セジョルネ : ロマンティカ
G.F.ヘンデル:涙の流れるままに
E.セジョルネ : マリンバ協奏曲 (2015年版)
J.S.バッハ : 無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調 BWV1009
▶︎Ticket
前売¥3,500 当日¥4,000(全席自由)
チケットぴあ[Pコード:199841]にて発売!
 
皆さまのご来場お待ちしております。
Nina Fujisawa

Nino Nina CD〈Pisca Pisca〉「レコード芸術」誌・特選盤に選出

8月号の音楽雑誌でCDの推薦文が掲載されています!!

—————————————–
▶︎
レコード芸術「特選盤」
▶︎
stereo「今月の優秀録音盤」
—————————————–

(※一部抜粋)

“…このデュオのために書き下ろされた作品をいくつか含むプログラムは、よほど打楽器音楽に詳しい人でもご存知ないに違いない珍しい作品のオンパレードだ。さまざまな意味で「エスニック」であることがそのプログラムを統一するコンセプトといってよいかもしれないが、しかし、どの曲も互いに似ていない。その豊かなヴァラエティにまず惹きつけられ、そしてその豊かさが新野と藤澤によってアルバムの中でひとつの世界に統合されていることに感心させられる。収録されている10曲すべてが本当に面白い、、、、もうひとつの大きな魅力は、このデュオの演奏が実に洗練されて、スマートで、繊細で、美しいこと。民族的なフレーヴァーやポップ・ミュージックからの影響をさまざまな場面で感じさせながらも、彼らの音も、語り口も、決して泥臭くなることはなく、しかし確かな存在感と心地よい余韻を残す。不快な音はひとつもない。この録音を聴いて、打楽器のアンサンブルに対する認識が大きく変わる人も多いのではあるまいか…”
(レコード芸術8月号:後藤洋)


▼ご購入はこちらから▼

    Nino Nina CD「Pisca Pisca」

6/18 Nino Nina 新野将之 × 藤澤仁奈 出演情報

終演いたしました♫ご来場ありがとうございました。Nino Nina 新野将之 × 藤澤仁奈
パーカッション&マリンバ・デュオ
CD発売記念コンサート

2021年6月18日(火)
開演19:00(開場18:30)

杉並公会堂 小ホール

●全自由席
一般 3,500円 / 学生 2,500円

 “ Pisca-Pisca ”/ 兼松 衆 (新曲)
 “ Udacrep Akubrad ”/ Avner Dorman
 “ The Last Dance ”/ 加藤大輝
 “ Sanzen-in ” / Andrew York
 “ Time Sculpture ”/ 小野 史敬 (新曲)
 “ Madagasikara ”/ 風間 真 (新曲) 
 “ Catching Shadows ”/ Ivan Trvino  …他

▼チケットこ購入はこちら

5/29 マリンバ・オーケストラVIII → 公演延期となりました

Phonix Marimba Orchestra VIII
マリンバ・オーケストラVIII
上野信一&フォニックス・レフレクション 


→ コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い公演延期となりました
  延期日程に関しましては、改めてお知らせいたします。

 

4/27 世界初演マリンバコンチェルト出演情報

終演いたしました♫
ご来場ありがとうございました。

 服部 和彦 作曲個展

2021年4月27日(火)開演18:30(開場17:30)
杉並公会堂 大ホール

ビヨンド・ザ・グリーン・ホライゾン ~マリンバとオーケストラのために~ 《初演》
“Beyond the Green Horizone” ~for Marimba and Orchestra~ 《world premiere》他

マリンバ・ソロ:藤澤仁奈
指揮:田久保裕一
コンサートミストレス:菅井京子
オーケストラ:アンサンブル・ラフィネTOKYO”

▼コンサートの詳細はこちら
▼チケットこ購入はこちら

藤澤仁奈 CD〈Recital〉「レコード芸術」誌・準特選盤に選出

4月号の音楽雑誌でCDの推薦文が掲載されています!!

—————————————–
▶︎
レコード芸術「準特選盤」
▶︎
音楽現代「注目盤」
▶︎
stereo「今月の優秀録音盤」
—————————————–

(※一部抜粋)

“このCDを録音した時、藤澤仁奈はまだ27歳だったようだが、その若さにしてこれほどの深い内容の演奏が可能とは。驚きを禁じ得ない。彼女の音楽的な言葉遣いは実に若々しいのだが、ひとつひとつの音に対する深い思慮と洞察は、豊かな音楽経験とたゆみない学びの積み重ねなしでは得られないもののように思えるからだ。バッハの《無伴奏チェロ組曲》第3番には、そのような藤澤のポリシーが結実しており、個々の音への、フレーズへの真摯な向かい合い方とそれらの意味づけ、和声への深い理解、そして虚飾を排してシンプルな表現に徹したその態度は、聴き手を深い思慮に誘う。ある意味、チェロで弾くよりも彼女のマリンバでの演奏のほうが、この作品の本質に迫っているのかもしれない。実際、トレモロを使う以外に音を伸ばす手段がないマリンバの演奏で生じる音楽的な「余白」が、実に美しく印象的だ。セジュルネやゴリニスキらのマリンバのためのオリジナル作品でもその姿勢は変わらず、一語一語はっきりと、しかし品格を失わずに語るかのようなそのアプローチの結果、音楽の造型は驚くほど鮮明で響きが透明感に溢れている….”
(レコード芸術4月号:後藤洋)

“藤澤仁奈は国際マリンバ・コンクールで優勝するなど国内外で高い評価を受けている期待の若手奏者。素材に備わる柔らかな響きを効かせたまろやかな打鍵が印象的… 楽曲の構造や構成要素を精緻に掘り起こしていくあたりは職人的。一方、息の流れが一貫しているためか、全体を通じて漂う独特の空気や色合いも大きな魅力。…これがファースト・ソロ・アルバムとは思えない。自身の音楽性や世界観がよく表れている。”
(音楽現代4月号:能登原由美)


▼ご購入はこちらから▼

    藤澤仁奈「Recital」